最近ブログの更新頻度が落ちてるなーっていうブロガーさんにおすすめ本「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」

ごぶさたしてます。しばっちです。

最近ブログの優先度が低くて、なんとかブログ続けたいな〜と思いつつも仕事でMPが0で…と言い訳してまして。そんなときに見かけてしまったOZPAさんのつぶやき。

New blog post : 拙著「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」がAmazonでも予約できるようになりました!! | @OZPAの表4 http://t.co/fVCcGE4less than a minute ago via OZPA Favorite Retweet Reply

きっと読めば少しはモチベーションがあがるかもしれない!と期待して買ってみました。「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」。

1月はタイポグラフィがアツい!しばっちが狙うデザイン本2011年1月

新年もあっという間に10日が過ぎて11日目。正月ぼけもさめて、そろそろ切り替えをして仕事を進めなくちゃですね。

さて、たまにはまだ買っていない今気になっているタイポグラフィ系の本を2冊を紹介します。読んでしまったら、満足してブログに書かずに終わってしまうような気もするので; ならばと読前に期待を込めて紹介します。

「日本で一番社員満足度が高い会社の非常識な働き方」を読んでみました。

日本で一番社員満足度が高い会社の非常識な働き方」読んでみました。著者はEC studioの山本敏行社長(@ec_yamamoto)。EC studioといえば、ワールドビジネスサテライトで取り上げられていたように、社員全員にiPhoneを支給したり、会社に電話がなかったりと、働く人にはとても本業に専念ができそうな魅力な会社です。

その働きかたを見本にして、自分の働きかたを作っていることもあって、前々からなぜそのような制度を敷くのか、制度ができあがるまでのプロセスが気になっていたので思わず購入してみました。

「売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則」はECサイト制作者と担当者の必読書

今日は今年買ってきた本の中で一番参考になったんじゃないかと思うぐらいの素敵な本を購入したので紹介させてもらいます。「売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則」という長いタイトルですが、今年に入ってから物販系のECのサイトを作ることが増えてきて「どんなところに気をつけるんだろう」と思い購入してみました。

「きれいな欧文書体とデザイン 名作書体の特色とロゴづくり」を読んでみました。

前々から欲しいと思っていたので、ついに買っちゃいました。「きれいな欧文書体とデザイン 名作書体の特色とロゴづくり」。

Web以外の媒体をメインにビジュアルを作っている人と仕事をすると、「なんでこの書体にしたんだろう」という疑問が沸いて、「そもそも何というフォントだろう?」「何を意図してこのフォントを選んだだろう」「再現してみるにはどうすれば・・・」と芋づる式に疑問がわき上がってくるのが他のデザイナーさんと仕事をする上で面白いところ。だいたいは自分で一通り考えて、デザイナーさんに確認をとって答え合わせをしていくような感じです。考えが合っていると、すごく見抜いた気になって嬉しいですw

でももう少しフォントの基礎知識があれば、自分の考えを導き出すのが早くなるかもと思って購入してみました。買ってみて大正解。碑文から始まる欧文書体のざっくりとした歴史、ロゴタイプの作り方の表現手法、有名な書体の解説がメインとなっています。

<< | 2/10ページ | >>