サイト定義をしているフォルダーをファイルパネル上から簡単にExplorerやFinderで開くことができます。ファイルパネルから選択しているファイルのところで右クリック→[エクスプローラー]、Macであれば[Finder で表示]を選択すると、ExplorerやFinderで開くことができます。

こんなときに便利

他のソフトでフルパスを記述するとき

XAMPPやMAMPでバーチャルホストの設定で.httpdconfの中にフォルダのフルパスを書くときがあります。よくスペルミスなどで書き間違えてサーバーを再起動してもエラーでNot Foundになってしまいます。しかし、ExplorerやFinderからコピペをすると、小さなスペルミスは起こさずに記述できます。

ExplorerやFinderだとパスのコピー&ペーストが楽です

最近ではSassを使うことが増えて、黒い画面も開きっぱなしで作業することが増えました。しかし1日にいくつもの案件も回すと、フォルダの移動がとても辛いです。いくつも黒い画面を開いていればいい話かもしれませんが、作業に関係ないものはあまり開いていたくないもので; そんなときにもExplorerやFinderでパスをコピーして黒い画面に貼り付けると簡単にフォルダの移動ができます。

サイトにアップする必要のないファイルを変更・修正するとき

サイト毎にフォルダ管理していて、Dreamweaver上は管理する必要のないモックデータを変更・修正するときに移動しやすくて便利です。

僕はモックのPNGファイルやPhotoshopで加工した写真のようなWebサーバーにアップロードする必要のないファイルはなるべくDreamweaverで管理しているフォルダに置かないようにしています。

変更や修正がモックにまで及ぶときに、マイコンピューター→Dドライブ→htdocs→…と移動していると、フォルダーの開く場所を間違えやすくなってしまいます。そんなときに先にDreamweaverからExploerなどで開くと、図の例だと「site_data」が起点になるのでフォルダー楽に移動ができます。

Windowsならショートカット設定が可能

Windowsであればショートカットキーを割り当てることができます。[編集]→[キーボードショートカット]→[コマンド]のプルダウンメニューから[サイトパネル]を選択し、[ファイル]の項目の中から設定ができます。

まとめ

Dreamweaverではファイルパネルから右クリックから[エクスプローラー]・[Finderで表示]をクリックすることで他のソフトへのパスのコピペが少しだけ簡単になります。