Fireworks LOVERならみんなが待ち望んでいたと思います、Fireworksの解説書の決定版です!Fireworksマニアでおなじみの@yuki930さんが書かれた「Fireworks CS5/4/3」が発売されました!

最初は直接本屋さんで買おうと思ってたんですが、先週の土日に肉離れを起こしてAmazonで注文しようとしたら、発送が遅れるみたいだったので「待ちきれない!」と結局週末に本屋さんにかけこんで買ってきました。

ある程度使い込んでるつもりでも新しい発見が!?

ざーっと3日読んで、初めて知ったことに付箋をつけて読んでみたらこんなかんじ。

自分では使いこなしているつもりだったのですが、16箇所も「なるほど!」と新たに知ったことがありました。僕はあまり自動シェイプを使うことが少ないので、付箋がついたページは自動シェイプのことが多かったです。これを機会にもっと使っていこうと思いました^^

内容は超〜基本的なところから、実務で役立つヒントまで満載

内容は冒頭にFireworksでのカンバスの作り方、既存ファイルの開き方といった、超初心者向けの基本的なところから、ワイヤーフレームの作りかた、そして確認用のファイルの書き出し方、実際にコーディングする際のスライスの仕方や気をつけなければいけないこと…実務に役立つように事細かに書かれています。

Photoshopでデザインをする方がFireworksを使わない理由にあげる「テキストのアンチエイリアスの話」や「グラデーション」、「GIF書き出し」の部分にも言及があって、きちんとパワーアップしてることもアピールされてます。もうFireworksを使わない理由はありませんね!

しばっちの「なるほど!」ランキング

さてさて、僕がなるほどな!と思うところで印象深かったことをランキングで紹介していきます。

第3位:クローンと複製の違い(p.59)

いつも「なんで似たようなものがあるんだろう」と気になっていましたが、検証することもしなかったので参考になりました。ペースト時の位置が違うんですね。こういう細かすぎるネタも本の中にたくさん散りばめられています。

第2位:選択オブジェクトをまとめて非表示にする(p.152)

知ってたらもう少しラクにできたかもしれない…。スライスで背景の上に画像もスライスするときに上に重なっているオブジェクトを一時的に非表示することが多々あります。そのときにだいたい非表示にしたいオブジェクトをレイヤーパネルから削除しますが、もっと簡単に非表示するショートカットが載ってます。これはすごく便利そうです!

第1位:自動シェイプのプロパティウィンドウの存在

一番すごいと思ったのは自動シェイプのプロパティウィンドウの存在。今まではマウスベースでしか数値はいじれないと勝手に思い込んでましたが、違ってました。つまり、数値データさえメモっておけば同じ形が再現できるんですね。冒頭にも書きましたが、僕は自動シェイプを積極的に使わなかったのでこれは驚きました!

使いこなしている人も、Photoshopから乗り換える人も買うべき!

Amazonや楽天では、今のところ在庫が間に合っていないのか、発送までに時間がかかりそうです。ですが、土日に近くの書店めぐりをしたところ、だいたい在庫がありました。

早く読みたいという方は、ぜひ本屋さんでお求めください。サンプルに掲載されているかわいいデータもDVDで見ることができて貴重です!