IllustratorのカラーパネルでRGBからHSBへ切り替えるときはパネル右上のメニューから選択してましたが、もう少し楽になる方法がありました。

やり方

カラーパネルの中のカラースペクトルをShift+クリックで違うカラーモデルに変更できます。RGB→HSB→CMYK→WebセーフRGB→グレースケール→RGB…という順番で切り替わり、何回か繰り返すと最初のモードに戻ります。

Illustratorでグラデーションを使う際、スウォッチで白黒のグラデーションを適用して色を整えることがあります。その際はパネルメニューで変更するのではなく、クリック領域の広いこっちのほうが気分的には楽になるような気がします。

PhotoshopやFireworksはカラースペクトルの変更のみ

ちなみに、PhotoshopやFireworksでも同じようにカラースペクトルをShift+クリックで一応それっぽい動きはしますが、カラースライダーが同時に変更できません。こちらはこれまでどおり、地道に切り替えていったほうがよさそうですね。