Slashdotに書いてあった記事。『ウェブサイトの立ち上げ、8つの「やってはいけない」 』ということで、商用サイトを構築する上でやってはいけないことがまとめられています。

  • 無料あるいは安いウェブホスティングを選ぶ
  • ドメイン名を買って押さえておかない
  • ユーザが覚えやすく間違えにくい、ちゃんとしたドメイン名を探さない
  • 人間の客よりもSEOを優先する
  • 中身より見た目を重視する
  • ターゲットとする市場がどこなのか忘れる
  • ナビゲーションが貧弱
  • キーワードターゲッティングが甘い
ウェブサイトの立ち上げ、8つの「やってはいけない」

1番目のことについてお話すると、最近はサイトの.comドメインから.jpドメインへの移行作業をお手伝いさせていただいてますが、安いホスティングはちょっと危険なニオイがします。ちょっと見てみると、サーバー側でバックアップが取っていなかったり、サポートがメール以外は受け付けられなかったりということはよく行われていますね。そんなにサポートに頼るつもりはありませんが、バックアップがないと痛手を食らうことが多いです。

たとえば、アクセス解析。
会社では、ASP型のものを使っていますが、アクセス解析のサーバが去年死んでしまって今までのデータがおじゃんになってしまうという恐ろしい事件でした。復旧するまでの間は全く利用することもできませんでしたし、Excelでページビューやビジター数は毎日Excelで追ってはいたものの、直帰率みたいな細かい数字までは取っていなかったので、検証ができなかったりということがありました。

1度ならまだよかったのですが、これが2回と続いて先月またサーバがお亡くなりになって、またデータも一緒に逝ってしまいました。ついには来年2月にASPサービスは終了するそうです。ASP型で提供するものの中では1ドメイン月1000円弱と比較的安価で、導線の効果検証もしやすい解析サービスだったので残念です。

…ということになってしまって、当面はgoogle analyticsを命綱に新しいアクセス解析ソフトを模索中です。この際だからと高いものを入れてみたいなーと思う分、経費だよなー;という葛藤に悩んでいます。いい落としどころになるソフトがほしい今日この頃です。